高崎市医師会

文字サイズ

市民のみなさまへ

災害医療

高崎市医師会では、平成18年に『大地震発生時初動マニュアル』、19年には『大規模事故に対応する高崎市医師会行動マニュアル』を作成し、高崎市や広域消防局などと連携して体制を整えてきました。
その後、高崎市が群馬郡、吉井町および新町と合併したため、市が中心となり、平成30年に高崎市地域防災計画に基づき、『高崎市災害医療対策連携マニュアル』を作成しました。当医師会もそれに従い、体制を整える努力をしています。

災害時における医師会の主な役割・活動は、診療所からの情報収集、救護所における医療活動への協力、慢性期以降の診療所機能回復の援助です。
災害拠点病院及び一般病院は、災害現場や救護所から中等症以上の傷病者受け入れ、DMAT(災害派遣医療チーム)の受け入れ、病院前救護所における医療活動ならびにEMIS(広域災害救急医療情報システム)の更新を行います。各診療所は、急性期における医療活動への協力と診療所機能の回復に努めます。

災害拠点病院