[健康情報 ] 感染症情報(第24週〜第30週) 掲載日:18/08/27
群馬県内137医療機関および高崎市内15医療機関の感染症発生動向調査情報を
もとに、毎月月末に更新してお知らせしています。

現在高崎市内では、ヘルパンギーナが流行しています。
ヘルパンギーナは、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした
急性のウイルス性咽頭炎です。
乳幼児を中心に夏季に流行する夏かぜの代表的疾患です。
手足口病や胃腸炎の流行も続いています。一般的な感染予防、とくにトイレや
オムツ交換の後、食事の前などに十分な手洗いを心がけることが必要です。

戻る



  一般社団法人 高崎市医師会
  370-0829 群馬県高崎市高松町5番地28 高崎市総合保健センター内
  TEL:027-323-3966 お問い合わせは高崎市医師会事務局まで
ホームページに関するお問い合わせはこちら:tmainfo@mail.gunma.med.or.jp
  病院案内:027-325-0011
  Copyright(c)2004. Takasaki Medical Association All Rights Reserved.