- 救急医療 -

救急医療インフォメーション

救急の掛かり方

小児夜間救急輪番制

病院案内

高崎市夜間休日急病診療所

休日在宅当番医

災害医療
 




1.大地震に対応する災害医療活動

高崎市医師会では、平成18年に『大地震発生時初動マニュアル』を作成し、万一の大地震に備えて、高崎市や広域消防局などと連携して体制を整える努力をしています。平成19年3月には、医師会独自の災害医療訓練を行いました。 このマニュアルの基本方針は次の3点です。
(1) 大地震発生と同時に、病院、有床診療所を除く無床診療所は原則として速やかに休診(発震後48時間を想定)とする。
(2) 休診した診療所の医師は、予め決められた救護所、傷病者収容班病院、高崎市医師会に出動する。
(3) 医師会長は、医師会内に『高崎市医師会災害対策本部』を設置し、救護所、傷病者収容班病院への後方支援活動を行う。
このマニュアルでは、具体的な医師の行動内容を『無床診療所医師の初動マニュアル』と『高崎市医師会災害対策本部の後方支援活動』に分けて書かれています。大まかな内容は次のようです。
1)無床診療所医師の初動マニュアル
(1) 大地震発生と行動開始基準
大地震とは、多くの家屋が倒壊し、電気・上下水道・ガス・交通・通信などの社会のインフラが途絶するような大きな地震を言い、おおむね震度6弱以上を想定している。
(2) 発震からおおむね1時間以内の行動
まずは医師自身や家族、職員、患者の安全を確認し、自宅や診療所の被害状況を確認する。状況によっては、家族とともに避難所に避難する。
(3) 救護所、病院、高崎市医師会対策本部への出動
出動可能な状況なら、発震1時間以降は、予め決められている部署に出動する。
(4) 救護所での活動
二次災害に十分注意を払いながら、市の職員、ボランティアの人たちと協力して、集まってくる傷病者のトリアージ、応急処置、搬送を適切に行う。

※トリアージ
大きな災害により傷病者が多数発生した場合には、限られた医療資源で多数の傷病者に最善の医療を実施することが重要になります。これを実現するために、災害現場の医師等が傷病者の重症度・治療優先度を見極め、救命の可能性が高い重症者から順に救護・搬送を指示する作業をトリアージと言います。
(5) 傷病者収容班病院での活動
院長の指揮の下、救急医療活動を行う。
2)高崎市医師会災害対策本部の後方支援活動
救護所や班病院に出動した医師が活動しやすいように、また、傷病者が迅速・ 適切に医療を受けられるように、各機関と連携して、医師会長を中心に後方 支援活動を行う。 概ね48時間以降は、出動した医師は自己の診療所の再開を図る。

『大地震発生時初動マニュアル』をご覧になりたい方はここ(PDF)をクリックしてください。

2.大規模事故に対応する災害医療活動

 高崎市医師会では、平成19年に『大規模事故に対応する高崎市医師会行動マニュアル』を作成し、万一の場合には医師会が組織的に対応する体制作りに努めています。大規模事故とは、市内で発生する大規模な列車脱線転覆事故などを想定しています。平成20年3月には、このマニュアルを基にした医師会独自の災害医療訓練を、高崎市や広域消防局、高崎警察署などの担当者とともに行いました。
このマニュアルの基本方針は次の3点です。
(1) 高崎市医師会は、諸機関と連携し、大規模事故発生時の初期災害医療を組織的かつ迅速・適切に行う。
(2) 傷病者収容班病院は、市外・県外の医療機関と連携し、傷病者の収容・治療に努める。
(3) DMATなど他の災害医療チームが多数現場に到着すれば、現地医療班は適時交代・縮小を行う。
この行動マニュアルでは、行動の過程をアクション0〜4に分け、具体的な内容が書かれています。大まかな内容は次のようです。
アクション0 高崎市長から救急出動の要請
高崎市長から医師会長宛てに救急出動の要請が入る。
アクション1 医師会長の対応
医師会長は、市長の連絡内容から事故の概要や二次災害の危険性等を把握し、初動救護班の出動と、医師会内に『医師会対策本部』、事故現場に『医師会現地対策本部』の設置を指示する。
アクション2 医師会対策本部の対応
医師会長を中心に、初動救護班や医師会現地対策本部、傷病者収容班病院への後方支援をはじめ、広域消防局などの諸機関と連携して、傷病者に迅速・適切に対応する。状況が収まれば、事故現場での活動の縮小・停止を指示する。
アクション3 傷病者収容班病院の対応
医師会対策本部からの指示を受け、班として組織的に傷病者の収容体制を整える。
アクション4 初動救護班、支援救護班、医師会現地対策本部の対応
事故現場に出動したすべてのスタッフは、二次災害の発生に最大限注意を払い、傷病者へのトリアージ、応急処置、搬送を迅速・適切に行う。消防局はもちろん、出動した他の災害派遣医療チーム(DMAT)等とも連携して活動を行う。
『大規模事故に対応する高崎市医師会行動マニュアル』をご覧になりたい方はここ(PDF)をクリックしてください。

3.高崎市医師会災害医療訓練 過去の実績はこちら

1)平成18年度高崎市医師会災害医療訓練
2)平成19年度高崎市医師会災害医療訓練
3)平成20年度高崎市医師会災害医療訓練
4)平成21年度高崎市医師会災害医療訓練
5)平成22年度高崎市医師会災害医療訓練
  東北地方太平洋沖地震のため、中止されました。 

  一般社団法人 高崎市医師会
  370-0829 群馬県高崎市高松町5番地28 高崎市総合保健センター内
  TEL:027-323-3966 お問い合わせは高崎市医師会事務局まで
ホームページに関するお問い合わせはこちら:tmainfo@mail.gunma.med.or.jp
  病院案内:027-325-0011
  Copyright(c)2004. Takasaki Medical Association All Rights Reserved.