- 各種検診 -

特定健診・特定保健指導

各種がん検診

その他の検診
 




胃がん検診 乳がん検診 前立腺がん検診
大腸がん検診 結核・肺がん検診 子宮がん検診

子宮がん検診について


子宮がんの症状は?

「子宮がん」は30歳をすぎるころから増え、40歳代が最も多くついで50歳代、30歳代となっています。
初期の「子宮頸がん」では、全く症状がないのが普通です。ですから30歳前後から、症状がなくても毎年定期的に検診を受けることが大切なわけです。 「子宮がん」の症状としては、
 
 ・月経時以外の不正出血、接触出血(性交後の出血)
 ・出血以外のおりもの
 ・月経の異常
 ・下腹部の不快感・痛み

などがあります。このような症状がみられたら特に注意が必要です。

BACK NEXT


成人のための健康事業

  一般社団法人 高崎市医師会
  370-0829 群馬県高崎市高松町5番地28 高崎市総合保健センター内
  TEL:027-323-3966 お問い合わせは高崎市医師会事務局まで
ホームページに関するお問い合わせはこちら:tmainfo@mail.gunma.med.or.jp
  病院案内:027-325-0011
  Copyright(c)2004. Takasaki Medical Association All Rights Reserved.