- 各種検診 -

特定健診・特定保健指導

各種がん検診

その他の検診

ABC検診
  (胃がんリスク検診)
 




骨量検診 肝炎 もの忘れ検診

肝炎ウイルス検査結果について

1.B型肝炎ウイルス検査(HBs抗原検査)判定結果

 
陽  性 陰  性

陽性の場合、「現在、B型肝炎ウイルスに感染している可能性が極めて高い」と判定。
陰性の場合、「現在、B型肝炎ウイルスに感染していない可能性が極めて高い」と判定。
<注意事項>
HBs抗原検査が陰性となった場合にも、症状ある場合や肝機能異常を指摘された場合などには、必ず医師に相談してください。

2.C型肝炎ウイルス検査(HCV抗体検査)判定結果

<注意事項>
 日常生活の場では、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することはほとんどないことがわかっています。したがって、毎年繰り返してC型肝炎ウイルス検査を受けなくても、 現在のところ、上の図に示す手順を踏んだ検査を1回受ければよいとされています。
 なお、「現在、C型肝炎ウイルスに感染していない可能性が極めて高い」と判定された場合でも、C型肝炎ウイルス(HCV)以外の原因による肝炎になる可能性があること、 検査後新たにC型肝炎ウイルス(HCV)に感染する場合(極めてまれとされています。)があること、検査による判定には限界があることなどもありますので、症状ある場合や 肝機能異常を指摘された場合などには、必ず医師に相談してください。

症状 一般的な「症状」としては、「身体がだるい」、「食欲がない」、「吐き気がする」、「白眼や皮膚が黄色くなる」などがありますが、「無症状」ということも多いとされています。


  一般社団法人 高崎市医師会
  370-0829 群馬県高崎市高松町5番地28 高崎市総合保健センター内
  TEL:027-323-3966 お問い合わせは高崎市医師会事務局まで
ホームページに関するお問い合わせはこちら:tmainfo@mail.gunma.med.or.jp
  病院案内:027-325-0011
  Copyright(c)2004. Takasaki Medical Association All Rights Reserved.