- 各種検診 -

特定健診・特定保健指導

各種がん検診

その他の検診
 




胃がん検診 乳がん検診 前立腺がん検診
大腸がん検診 結核・肺がん検診 子宮がん検診

大腸がん検診について


痔があり検査の結果はどうせ陽性になると思うので、受けるつもりが無いのですが。

本検診の目的は、糞便中のわずかな血液をも感知して主として大腸以下の病変を拾い上げることにあります。従って痔を患っている方で出血している様な方は陽性になると思われます。ですから、排便の度に出血を伴う痔を患っている方には、本検診をあえて受ける意味はありません。(そうでない方は、是非大腸がん検診を受けましょう。)
しかし、肛門から出血していたり、出血はなくても便潜血反応が陽性になる場合、その原因が肛門疾患(痔)である場合もありますが、長期間、下血や便潜血反応陽性の原因を痔のせいにしておくのは大変危険です。実際、大腸でも下部の直腸のがんでは、痔と似たような症状を起こすことも多いので、精密検査を受けることが必要と思われます。


BACK NEXT


成人のための健康事業

  一般社団法人 高崎市医師会
  370-0829 群馬県高崎市高松町5番地28 高崎市総合保健センター内
  TEL:027-323-3966 お問い合わせは高崎市医師会事務局まで
ホームページに関するお問い合わせはこちら:tmainfo@mail.gunma.med.or.jp
  病院案内:027-325-0011
  Copyright(c)2004. Takasaki Medical Association All Rights Reserved.