- 学術情報 -

もの忘れ検診

講演会一覧

住民検診においてHelicobacter pylori検査はどのように活用されるか?−血清H.pylori抗体価、血清ペプシノゲン値同時測定による胃がん検診(ABC検診)の試み−

ペプシノゲン法による地域住民胃がん検診−「高崎市方式」10年間の検討−

ペプシノゲン法による胃がん検診 ABC検診(胃がんリスク検診)
 



住民検診においてHelicobacter pylori検査はどのように活用されるか?
血清H.pylori抗体価、血清ペプシノゲン値同時測定による胃がん検診
(ABC検診)の試み
Helicobacter Resarch 11(6):554-561,2007
はじめに 対象と方法 結果 考察 おわりに


対象と方法

行政(高崎市)が実施する胃癌検診は(財)群馬県健康づくり財団の集検車による間接X線法と医師会が実質的に運営する(財)高崎・地域医療センターにおける施設検診(直接X線法)の二本立であるが、平成8年度より高崎市医師会が独自に実施する「PG検診」が加わり、さらに今回ABC検診に転換したわけであるが、その実施状況の概要を表1に示した。

PG検診の受診者は40才以上の高崎市民で大腸癌検診(便潜血)を受診しかつPG検診を希望した者とした。今回のABC検診では従来の対象者に加えて20才以上の高崎市民でABC検診単独希望者も可としその対象を拡大した。その結果受診者は16,955名と前年を大きく上まわった。検体は主として住民基本健診等で得られた血清を用いた。PG値はラテックス法(栄研化学)で測定しPGT≦70ng/mlかつT/U比≦3.0を陽性とした。HP抗体は国内分離株から作成されたEプレート“栄研”H.ピロリ抗体を用いてELISA法で測定し10U/ml以上を陽性、10U/ml未満を陰性とした。

ABC(D)分類は諸家にならって表2の如くとした。実際の集計はABCDの4分類について検討したがDの頻度が低いため受診者への通知、検診間隔等の対応はCとDを合わせてC群として扱った。すなわちA群を低リスク、C(C+D)群をハイリスク、B群を中間群としA群を精検対象から除外しBおよびC群を精検(内視鏡)対象とした。

その上でC群は逐年、B群は1回/2〜3年の要精検としリスクに応じた検診間隔を設定した。なお血液検査(PG+HP)は除菌をしない限り5年に1回を目安としている。



  一般社団法人 高崎市医師会
  370-0829 群馬県高崎市高松町5番地28 高崎市総合保健センター内
  TEL:027-323-3966 お問い合わせは高崎市医師会事務局まで
ホームページに関するお問い合わせはこちら:tmainfo@mail.gunma.med.or.jp
  病院案内:027-325-0011
  Copyright(c)2004. Takasaki Medical Association All Rights Reserved.