- 学校保健 -

医師会の学校保健活動について

学校医の役割

学校保健委員会について

出席停止の病気について
 




学校、幼稚園、保育園に出席停止となる伝染病は、法律に基づいて以下のように定められています。
学校で予防すべき伝染病及び出席停止の基準
  対象疾病 出席停止の期間の基準
第1種 エボラ出血熱、SARS、鳥インフルエンザ等 治癒するまで
第2種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く) 発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん 発しんが消失するまで
水痘 すべての発しんが痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核及び髄膜炎菌性髄膜炎 病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
第3種 コレラ、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎 症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。

上記の表は基準であって、主治医の証明があれば、この限りではありません。
手足口病・伝染性紅斑(りんご病)及び溶連菌感染症は、出席停止扱いにはなりません。



  一般社団法人 高崎市医師会
  370-0829 群馬県高崎市高松町5番地28 高崎市総合保健センター内
  TEL:027-323-3966 お問い合わせは高崎市医師会事務局まで
ホームページに関するお問い合わせはこちら:tmainfo@mail.gunma.med.or.jp
  病院案内:027-325-0011
  Copyright(c)2004. Takasaki Medical Association All Rights Reserved.